借金苦を脱出して返済に悩まない生活を

借金苦から脱出できます 悩むのは終わりにしてください

借金苦から必ず脱出できます

 

すでに何ヶ月も滞納していて、裁判所から呼び出しが来てもです

 

借金の問題は解決できますから安心してください

 

借金苦を脱出した頃を思い出している

決して、早まったことをしたり、あきらめないことが大切です。借金苦からの脱出には方法があるのです。

 

 

以前の私も一瞬たりとも借金のことが頭を離れる時間はなくて、生きて息をして生活しているにもかかわらず死んだような毎日を過ごしていました。

 

そのころの自分は顔の表情に借金苦がにじみ出て実際よりも随分老けて見えていたと思います。

 

 

たくさんの借入先から毎日のようにかかってくる返済の督促電話、返せずにみるみる増えていくばかりの延滞金、郵便受けに溢れる督促状。本当に毎日毎日終わりが来ない、借金地獄、借金苦に悩みもがいていました。

 

目を開けて起きている間だけなら良いのですが、せめて金策を考えなくて済むはずの寝ているときでさえ借金苦の恐怖を味わっていました。

 

得体の知れない真っ黒い恐ろしいものに追い回される悪夢に毎晩のように苦しめられ汗だくで目を覚ましていました。

 

 

目が覚めると夢だった…とホッと安堵するとともに、我に返って何も解決していない借金苦の現実に引き戻され、夢の中でも現実の世界でも、どちらにしても借金地獄というというのが現実でした。

 

 

毎月の給料は支給日に家賃を払うと、あとはほとんど支払いへと消えていきました。ですから、わずかに残った小銭程度のお金をようやく生活費にあてているような状況です。

 

どうしても今月こそ電気料金を払わなければ通電を止められてしまう時は、借入先の返済分を電気代に回して、ライフラインを優先して借金支払いの方を滞納させる…。

 

そのような完全に破綻した生活でしたから、もう借金苦の脱出どころの話ではありませんよね。この状況から脱出する気力さえも持てないような状態が続いていました。

 

私が借金地獄から脱出するキッカケになったのは、誰でも無料で利用できる専門家との相談です>街角相談所-法律-無料シュミレーター

 

今どんな状況でも借金問題を解決し脱出できます

 

もし、現在のあなたがこんな最悪の借金苦に悩んでいても脱出は確実にできます

 

何件もの借入先からの督促に追われる多重債務の状態で、もうすでに何回も支払えずに滞納していたとしても脱出できる方法はありますから大丈夫です。

 

下記にいくつか借金苦の状況を段階別にあげてみましたが、あなたはどの状況でしょうか?

 

  • 復数の消費者金融、クレジットの信販会社会社、大手デパートやキャッシングのカードのからの借金で、多重債務の状態になってしまっている。すべてのカードはもう限度額いっぱいまで借りてしまい、いままで借りては返すの繰り返しでのやりくりでしのいできた毎月の返済がついに行き詰まってしまいどうにもならなくなってしまった借金苦。

 

  • たくさんのカードローンやクレジット支払いに充てるために給料がほとんど消えてしまっている。あとは家賃を払うと何もなくなり、小銭程度の生活費で毎月綱渡りのような生活をしている。もちろん最低限の生活以外にお金を使える余裕などは全くない状況で、ほぼ生活が破綻している借金苦。

 

  • 毎月の給料だけでは返せなくなっている。返すためにさらに別の業者から借りていたがそれもできなくなり、借金返済を滞納してしまっている。最低限の必要な生活費も不足し、ガス、水道、電気料金、家賃まで支払いが遅れている。今月もガス供給と電気を止められてしまった借金苦。

 

  • いつ、どこで何をしていてもお金のことで頭がいっぱいだ。借金を返すためのお金をどうやってかき集めるか金策に頭を抱えている毎日。月々の支払い日が近づくと、一にお金、ニにお金とお金についてしか考えられなくなり、他のことは一切考えられない。借金苦で精神が苛まれて毎日の生活がままならず、地獄のような日々が続いている借金苦。

 

  • たくさんの借入先から、自宅には毎日のように督促状や一括返済請求が届いている。支払いを催促する電話も連日ジャンジャン鳴り続けているが、いつまでに支払えるか聞かれても全くめどが立たないので、返事のしようもなくなり無視して放置状態の借金苦。

 

  • 裁判所から内容証明郵便が届き、金融業者から債務不履行により訴えられたので、指定の日に○○○簡易裁判所、第△△法廷へ出廷せよという内容の知らせに驚愕。ついに被告として裁判所の法廷に立たなければならない。ついに私も犯罪者?前科者?

 

借金地獄で苦しんでいる頃を回想

こうなると借金苦からの脱出、どころではありませんね。今そこにある危機を脱出するのがまず最優先事項になります。

 

そして実は、上に書いた各項目は全部私が体験してきたことなのです。私はおよそありとあらゆるところからお金を借りて、借金苦どころか借金地獄のどん底まで転げ落ちていました。

 

 

消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠、銀行のカードローンなどなど、キャッシング目的に作ったわけじゃないカードからもお金を引き出して借金を重ねていました。

 

借りた総額は約500万円、毎月の支払いが追いつかなくなると別のカードから借りては返すを繰り返す、いわゆる自転車操業の悪循環を繰り返して、にっちもさっちも行かなくなっていたのです。

 

 

私が借金苦から立ち直れたのは

 

借金苦を脱出したきっかけについて

こんなケタ違いの借金を重ねてきた私の話なんか聞いても何の役に立つものか。聞く価値なんかない、と思われるでしょうが、ひとつだけ聞いてほしいのが私が立ち直ることができた方法です。

 

それは、もしあなたが私のような借金苦状態に陥っているとしたら、もうひとりで解決するのは無理だという現実を理解してもらい、そして、誰かに相談してみてほしいというのが私の願いです。

 

 

まず考えたいのは、できれば親御さんとかご親戚とかがいいと思うのですが…、甘えた考えかもしれませんが、例えば一時的に自分に代わって借りている全額を用意できそうな人がベスト。

 

恥ずかしいし情けないと思いますが頭を下げて誠実にお願いして聞き入れてもらえたならあなたは幸せです。

 

しかし、普通はこんな事は不可能ですよね。逆に、身近な親兄弟、親類、友人知人など自分に近い人ほど相談しにくいというか、借金苦の事実を絶対に知られたくない、というのが当たり前なのかもしれません。

 

それどころか、私たちがそんな大金持っている人は知らないのが普通ですよね。

 

 

私ももちろん、アテにできる相手などいませんでした。そして誰にも知られたくなかった。なのでどうしようか悩んだ末にですが、借金問題の無料相談で話を聞いてもらいました。

 

裁判所からの通知が来た時点で、もう自力での解決は絶対無理だと覚悟を決め、とにかくどうするべきか借金苦脱出のために藁にもすがる思いで相談しました。

 

いまは借金問題の相談無料って広告がいっぱい出てますからご存じの方が多いかもしれませんね。身近な人には話せない、表沙汰にできない相談事でも、見知らぬ専門家にならスムーズに洗いざらい話せたことを覚えています。

 

 

無料相談と言ってもいろいろな法律事務所、司法書士事務所がいっぱいあってどこに行くべきかは悩みどころですよね。

 

さらに、あなたがお住いの地域にもよりますし、あまり小さな町の法律事務所では周囲が気になる場合があるかもしれません。まちの弁護士が顔見知りというケースではとても借金の悩み解決をお願いできないと思うのは私だけでしょうか?

 

そんな場合に私が利用したのが24時間無料で使えるメール相談というもの。必要な項目を入力して送信したら返事をもらえます。

 

このサービスのポイントは匿名で利用できるという点に尽きます。とても敷居が低く気軽に使えるのがメリットです。

 

無料相談をおすすめする人

借金苦で悩んでいるなら解消しましょう。これ以上借金返済で苦しむ必要はありません。

専門家に相談した結果、いままで知らなかった借金対策がわかったり、解決できるケースが多いのです。
後悔する前に無料で相談、借金をどうしたら良いかシミュレーションしてみることをおすすめします。


>>>街角相談所-法律-無料シミュレーター

借金苦どころでない危険信号は

こんな状況だったら解決を急げ

 

こんな状況なら借金苦でつらいどころの騒ぎでは済みません。一刻も早い脱出、解決を考えるべきです。

 

借金がこんな状況のままで放置しておいたらあなたにとって何一つ良いことはないでしょうし、逆に立場はますます悪くなっていく一方で、日ごとに借金苦脱出はさらに困難に遠のくばかりだからです。

 

 

いくつもの借入先から毎日のように督促の電話が来ていてビクビクしていませんか?

 

郵便受けには今日も督促状が届いているでしょうし、一括返済の請求かもしれません。

 

宣告された期日までに延滞金とともに、貸付金の元利すべてを一括で指定の期日までに支払うように書いてある最後の通告です。

 

借入先の金融機関ごとに違いは大きいのですが、支払いが滞納しているとしたら以下のように順次進んでいきます。

 

  • 支払いを催促する電話が来るようになります。最初は「お支払をお忘れですか?」とやさしく丁寧に聞かれます。すぐに支払わなければ絶対だめだとは言いませんが、なぜ入金できかったのか聞かれ、何日までにいくら入金できるのか確認を取られます。
  • 滞納している分について督促状が届くようになります。これにも延滞金も含めた入金額と入金期限が指定されています。また、入金がなければ一括返済請求をする予告が書いてあるケースも。
  • 借入先の金融業者によっては、担当者が直接自宅まで訪ねて来ます。電話や郵便で返信がなければ本当に居住しているのかの確認の意味も含まれています。その場ですぐ支払えとは言いませんがわざわざ来たのに手ぶらでは帰れませんから、やはり入金可能な金額と入金の期限決定をせまられます。
  • どうしようもなくなり放置したままそれにも反応せずにいると遅延損害金(延滞金)を含め、元利一切、借金の全額を一括で返済せよとの通知が届きます。
  • 当然一括返済など出来ないでいると裁判所より通知が届きます。それには債務不履行により借入先があなたを訴えたこと、さらにあなたが出頭する裁判所と日時が書かれています。
  • 裁判での決定通りに支払いを続けることができなくなった場合、また裁判を無視し欠席したままだと強制執行(つまりあなたの給料やマイカーなどの財産を差し押さえ)されることも。

 

もし、あなたの給料が差し押さえられる場合は、必然的に勤務している会社にあなたが借金を返せずに滞納している事実がバレてしまう結果になります。

 

現実に借金の滞納が知られてしまったがために会社を辞めなければならなくなった方も存在するのです。

 

 

また、あなたが借金だけでなく税金も滞納していたらさらに大変。税金の滞納は何度かの督促のあと支払いがない場合、裁判など一連の手続きナシにいきなり差し押さえをしてくるケースも普通に起こり得ます。

 

 

消費者金融などであれば、裁判所に債務不履行の申立てをし、それでも支払われない場合には強制執行として差し押さえに至ります。

 

しかし、役所は独自の判断で差し押さえに踏み切る判断も可能ですから、ある日いきなりあなたの預金口座に残ったわずかな金額さえも、キッチリ差し押さえられます。

 

一旦差し押さえられてしまった物やお金は泣いても抗議しても二度と戻っては来ません。

 

 

もし、借金苦も限界で金融機関への返済もままならず、当然のごとく税金も滞納しているのであれば、まず法律事務所に金融機関の借金整理について相談。

 

それから市役所にはあなたから直接連絡し、債務整理の相談中である旨を正直に申告して、さらに今後の税金支払い方法を相談するのが良いでしょう。

 

少なくても連絡を絶やさずに支払う意思を見せている限り差し押さえられるという結果にはなりません。

 

 

また、もしかしたらあなたも「借金の時効」という言葉を聞いた記憶があるかもしれません。実際に真剣にその方法を検討している、という方もいるかもしれませんね。

 

ネットで借金苦で悩んでいる人に対する借金対策について調べてみると、消費者金融、信販会社などから借りたカードローンなどは、5年間返さずに放置しておくと、時効になり返済を免れる、という話ですね。

 

 

実は本当の話で消費者金融などへの返済を5年間全く返さずに放置しておいた結果、債権者の請求権が消滅することにより支払わずに済む可能性があります。

 

しかし、適用される例はめったにないようです。なぜかというと、その前に貸金業者から裁判所へ訴えられてしまうからです。

 

 

5年間が過ぎてしまうのを指をくわえてじっと看過しているなんて考えられません。お金を回収するためのチームがありますから必ずと行っていいくらい時効前には手を打たれます。

 

じっと静かに時効を待って目の前に迫ってきたと思っていた借金苦脱出はあっという間にまた遠ざかって行ってしまいます。

債務整理という借金苦脱出の方法

債務整理の具体的な流れ

 

メール相談でおおまかな借金の内容を相談、その後弁護士に借金苦の現状を詳しく話してどうやって解決、脱出するか選んだ方法は債務整理という方法です。

 

債務整理とは借金苦で悩んでいる人が脱出し立ち直り、普通の生活を取り戻すという目的で支援してくれる法律で定められた方法です。

 

返済のお金をを支払いきれず、すでに日常生活が破綻している人でも借金苦から脱出できる究極の一手といえる即効性のある脱出法なのです。

 

 

全部の借金をゼロにしてしまう自己破産、借金の一部を減額する任意整理など、借金している人の状況に合わせて何種類かの債務整理の方法があります。

 

そして私が選んが方法が任意整理という方法で、借金の利息をカットしたりして減額し、残りを返していく方法なのです。

 

 

手順は弁護士、司法書士など借金問題の専門家に依頼して、実際の手続きを代行してもらいます。

 

法的には債務整理をする本人が自分で手続など一切を行っても問題は無いのですが、煩雑で困難な専門的な手続きになりますから現実的ではありません。

 

それに、依頼した時点から弁護士、司法書士が借入先との窓口になりますから、あなたにはもう直接、借金の督促などができなくなります

 

あなたが個人で手続きする場合はこういったメリットも失う結果になりますから、なおさら自力での手続きはおすすめできないのです。

 

 

債務整理のメリットデメリット

 

借金苦からの脱出を債務整理で実現しようと考えている方は債務整理についての理解をよく深め、メリットやデメリットについてよく把握をしたうえで実行をするのが大切です。

 

よく理解しないまま、さまざまな種類の債務整理を安易に行ったとすると、生活面での借金返済の負担はかなり軽くなったとしても、思っていたよりも生活に制限がかかったという可能性もあるからです。

 

債務整理で借金返済を行なうのであれば、その後の生活にどう影響を与えるのかという結果を慎重に計画、予測して、生活を改めていかなければなりません。

 

 

まず、メリットの面ですが自己破産であれば持っている債務は全てなくなりまっさらの状態となります。その他は借金返済額は少なくなることで、月々の支払いはかなり負担が軽くなります。

 

ほとんどが弁護士等を通しての手続きとなるため、債務整理を実行すると金融会社からの督促はストップするので精神的にもかなり楽になると言うのはとても大きなメリットとなります。

 

わたしも本当に嬉しくて、その点だけでも「やってよかった」と感激したものです。

 

 

デメリットで考えると、法的手続きを行なうため個人情報のデータが記載されてしまうので、今後一定期間は新たな借り入れができなくなってしまいます。

 

借金が元で清算をしているのですから仕方がないことなのですが、5年から10年くらいはクレジットカードを初め各種ローンを組むのは事実上不可能になります。

 

なので現金のやり取りのみでつつましく生活をするのが重要になります。

 

 

家庭をお持ちの方は将来子供に関する学費などの出費が予想される場合、タイミングによっては難しい可能性もありますね。

 

しかし、毎日の生活も立ち行かない借金苦から脱出できるメリットに比較したら充分に受忍できるペナルティーと考えるべきかもしれません。

 

 

債務整理後の借入は可能なのか

 

借金返済のために、個人再生や自己破産を実行した方は裁判所で行なう手続きのため、官報という国の広報紙に住所氏名を記載されてしまいます。

 

裁判所を通さない任意整理の手続きでも個人の信用情報のデータに登録をされてしまうため、官報で公告されないものの整理後に新しく借金をしたいと考えても借りるのは不可能になります。

 

 

その期間は登録状況により明確には言えないのですが、おおむね5年から長くて10年近くとも言われています。

 

対象としては、消費者金融業者はもちろん、クレジットカードも作れなくなります。そのため各種ローンも申し込みを行なったとしても断られてしまうでしょう。

 

 

俗に言う、ブラックリスト入りですが、そのブラックリストとは実際に存在をするわけではありません。

 

情報機関に「事故」と表現される登録がされると、まず借入が関わる申し込みができなくなってしまうのです。

 

その情報登録がなされている期間が数年間あるので、その間はどう頑張っても借入ができないのです。

 

 

しかし、ネット社会の中でクレジットカードが必要という場面も多々あります。その際、VISAデビットカードであれば問題なく利用ができるので、必要があれば利用をすると良いでしょう。

 

デビットカードなので、現金が口座にあれば利用時に即時引き落としされます。口座に現金が入っている範囲であれば、店頭やインターネットで通常のクレジットカードのように利用ができますので便利ですね。

 

債務整理でクレカを利用できない身にとってはとてもありがたい存在といえます。

 

 

注意すべきポイントとして決して手を出してはいけないのは闇金融業者です。どんな借金苦であっても脱出が遠のくばかりでメリットはありません。

 

法外な利息を上乗せし間違いなく生活が破たんするでしょう。いままでにも増して借金苦を味わう結末になり、そこからの脱出はより困難になるのは必至です。

 

逆に言えば現状ですでにヤミ金に手を出さなければばらないほどの借金苦になっているのであれば脱出方法は債務整理以外にはないといえます。一刻も早く対処法を相談すべきでしょう。

 

 

心配な弁護士の費用はどうする

 

当然ですが弁護士、司法書士へ仕事を依頼するのですから、費用を払わなければなりません。実はこうした費用というのは各事務所、業者ごとに違っていて一律料金ではありません

 

一般的な商店などと同じで価格協定などを作り、一律料金を設定すると独占禁止法違反となるのです。

 

 

ですから各法律事務所が独自に価格を決めているので、それぞれ着手金の有無など料金設定に結構な違いがあります

 

「借金問題の無料相談」「相談は何度でも無料」などCMでご存じの方も多いと思いますが、これらはほとんど大手の法律事務所。小さな地方の事務所などでは今でも相談料が必要になるところが多いのです。

 

だいたい初回の相談が30分で税別5,000円前後のところが多いようですね。

 

 

債務整理にかかる費用については、面談するにしてもメール、電話での相談にしても、依頼すると決めた時点で最初に確認しておくのが良いでしょう。

 

債務整理の手数料そのものは事務所によって2倍も違うような大きな違いはなく、ほぼ同様な金額を設定しているようです。

 

大きく違いがあるとすれば、実際に手続きを行う債務整理の種類によって必要な費用に大きな違いが出てきます。

 

自己破産、任意整理、個人再生、過払い金返還請求など、それぞれに料金は大幅に違いますから依頼前には要確認です。

 

それに支払い方法も要確認ですね。多くの事務所で手続き完了後の分割払に応じてもらえるはずです。

 

決して安い金額ではないのは確かですが長い間の借金苦から脱出できると思えば高すぎることはありません。

 

無料相談をおすすめする人

借金苦で悩んでいるなら解消しましょう。これ以上借金返済で苦しむ必要はありません。

専門家に相談した結果、いままで知らなかった借金対策がわかったり、解決できるケースが多いのです。
後悔する前に無料で相談、借金をどうしたら良いかシミュレーションしてみることをおすすめします。


>>>街角相談所-法律-無料シミュレーター

債務整理の種類には何があるか

債務整理と自己破産は違いますか?

 

債務整理についての解説をする専門家

債務整理といえば自己破産を思いつく方も多いと思いますが、自己破産は債務整理の中のひとつの方法であり、自己破産を含めたいくつかの債務整理の種類から債務者の状況に応じて最適な方法を選んで行います。

 

 

債務整理は大きく分けて、任意整理、個人再生、自己破産、それと一般的ではありませんが特定調停もあります。

 

皆さんもたぶん御存知の過払い金返還請求ですが、これは債務整理のひとつではありません。

 

しかし、債務整理をするときには、併せて過払い金が発生しているかのチェックは必ずします。

 

 

過払い金が発生していれば、過払い金返還請求をして貸金業者から、私たちが払い過ぎていた利息を返してもらうことが可能です。

 

いままで払いすぎていた利息がいくらになるか引き直し計算をして、過払い金の金額を確定し業者に請求するとほとんどの場合は払戻に応じてくれるはずです。

 

 

債務整理は弁護士、司法書士の専門家にまず相談

 

債務整理は弁護士、司法書士に依頼しなくても借主である債権者個人が自ら手続き、交渉することは原則として一応可能ではあります。

 

しかし、これはあまり現実的ではなくおすすめできません。

 

なぜなら手続きは専門的であり難しく、必要書類を集めたり申立書の作成、債権者との交渉、何度も裁判所に出向く必要があるなど素人にはあまりにもハードルが高いものです。

 

 

専門家である弁護士、司法書士に相談、依頼すればほぼ全て代行が可能、私たち自身で集める必要がある書類などもすべては指示通りに動くだけですから安心簡単です。

 

ほとんど必要な手続きは、おまかせで完了しますから、手続費用を払っても依頼する価値は充分にあると言えます。

 

 

ここでは各債務整理を選択する基準をもとにご紹介しておきます。

 

任意整理

 

 

実は債務整理の中で一番行われているのが任意整理で、全ての債務整理の8割ほどが任意整理と思われます。

 

思われます、と実数ではなく、推測せざるを得ない理由があって、債務整理は法律で認められているものの、手続きそのものは債務者と債権者の直接交渉だから。

 

つまり手続き上、裁判所などの公的機関が介在していないために、任意整理した債務者の正確な数値が把握できません。

 

 

そんな任意整理を選ぶ目安となるのが比較的借入金が少ない場合に選ばれることが多いのです。それは、将来の利息もカットした借金の全額を3年間で完済できることがひとつの目安になるためです。

 

元金が100万円の借金を月2.7万円ほどで返済できることが必要、200万円なら月5.5万円ほどの額を返済しなければなりません。

 

 

お金を借りている業者によりますが、交渉によっては3年間での返済を5年程度まで延長できるケースが多いようなので依頼する弁護士に相談してみるとよいでしょう。

 

ただ、あまり長期間に返済が及ぶようであれば自己破産ということも頭に置いておくべきです。

無料相談をおすすめする人

借金苦で悩んでいるなら解消しましょう。これ以上借金返済で苦しむ必要はありません。

専門家に相談した結果、いままで知らなかった借金対策がわかったり、解決できるケースが多いのです。
後悔する前に無料で相談、借金をどうしたら良いかシミュレーションしてみることをおすすめします。


>>>街角相談所-法律-無料シミュレーター