特定調停とは何かデメリットと併せご紹介します

特定調停という借金整理方法

特定調停のメリットはなんだろう

特定調停とは簡易裁判所に申し立てるもので調停委員が債権者との仲介役を行ない借金返済のために返済額についての交渉を進めてくれるというものです。この手続きには弁護士が代行して申し立てを行なうこともできます。

 

では特定調停のメリットとしてはどのようなことが考えられるのでしょうか。特定調停は任意整理のような内容です。借金返済額の見直しを行って交渉をするのです。

 

この方法の課程が弁護士や司法書士によるものであれば任意整理であり、自己の手続きにより裁判所を通じてとなると特定調停となるようです。

 

自分で行う場合は弁護士を通さないので依頼費用が発生することなくコストカットができますが、裁判所を通して行っても弁護士が交渉するよりも威力が弱く、債務者は必ず相談に応じるという義務は発生しないため話し合いが持てないまま終了してしまうケースも多々あるようなのです。

 

更に話し合いが持たれなければ逆に延滞金を請求される場合もあります。また、過払い利息の返還請求はできませんので、その場合は弁護士へ相談をするほうが良いでしょう。

 

このように、手続き費用が節約から魅力とは言えますが、確実に借金返済額が軽減できるわけではないため、メリットデメリットをよく検討して利用しましょう。

借金苦脱出のトップページへ戻る借金苦脱出の詳細はこちらからトップページをご確認ください。当サイト管理人の借金解決体験をもとにした「借金生活脱出マニュアル」です。

関連ページ

借金返済が無理なら自己破産すべき?
借金返済の本当の最後の方法として頭の片隅に入れておきたいのが自己破産です。自己破産は月々の支払が難しくなり手立てがないと思うと、誰もがすぐに考えてしまうことではありますが、今はその前に様々な手立てがありますから先を急いで手続きをしようと考えてはいけません。
借金が勤め先に知られるか心配
借金返済の中で気がかりな事は、現在働いている職場に借金をしていることが知られてしまうのではないかという心配です。このケースでは色々な場面が考えられますが、基本的に債務整理などを行なっても直接職場に連絡が来る様なことはないでしょう。
過払い金返還請求とはどういうこと
巷でよく宣伝をされている過払い金返還請求という言葉は、一般の私達でもすっかり浸透をした言葉なのではないのでしょうか。特に借金返済中の方は気になりますね。この過払い金返還請求とはどのようなものなのでしょうか。
任意整理とは?デメリットはあるの?
借金整理のひとつとして任意整理というものがあります。この任意整理についてどのようなものなのでしょうか?最近は借金返済に困った際、よく行われる方法となっています。
個人再生とは?デメリットはあるの?
個人再生(民事個人再生)と言われる借金整理の方法があります。借金返済のために自己破産で家などの資産を手放すのは嫌だ、事情により手放すことが難しいなどの悩みがある場合は、個人再生という方法もあります。これはどのような方法であるのかというと、住宅などは手放すことなく現在の借金返済額を大きく減額してもらい借金返済を行うといった方法です。