個人再生とは何かデメリットも含めたご紹介

借金整理のひとつ個人再生

個人再生とはどういうこと

個人再生(民事個人再生)とは、どのような方法であるのかというと、住宅などは手放すことなく現在の借金返済額を大きく減額してもらい借金返済を行うといった方法です。

 

この方法も個人では難しいので弁護士や司法書士に相談を行うことで、個人再生のための書類や計画書を作成してもらい裁判所へ提出、認可をされることで実行できます。

 

気になる借金返済額の減額ですが、5分の1が基本として最大額では10分の1まで圧縮される可能性があるようです。そして、返済期間は最大で5年間までで分割を行います。

 

資産を残したまま免責されるということで、自己破産に見られる転居など生活が一変することなく精神的にもかなり負担が軽くなります。

 

メリットとしては、借金返済額がかなり減額とされるため任意整理よりも額が少なくなる可能性もあります。また、個人再生が開始されると債権者は差し押さえなどの行為を行うことはできません。

 

デメリットとしては、裁判所を通しての法の絡んだ方法となるため官報に記載をされてしまいます。そのため、新たな借り入れやローンはこの先最大10年間は行うことはできないでしょう。

 

また、個人再生は誰でもできるわけではなく、一定の収入が見込める状態でなければ行うことができません。自分にあった方法を選択もしくは相談していくと良いでしょう。

借金苦脱出のトップページへ戻る借金苦脱出の詳細はこちらからトップページをご確認ください。当サイト管理人の借金解決体験をもとにした「借金生活脱出マニュアル」です。

関連ページ

借金返済が無理なら自己破産すべき?
借金返済の本当の最後の方法として頭の片隅に入れておきたいのが自己破産です。自己破産は月々の支払が難しくなり手立てがないと思うと、誰もがすぐに考えてしまうことではありますが、今はその前に様々な手立てがありますから先を急いで手続きをしようと考えてはいけません。
借金が勤め先に知られるか心配
借金返済の中で気がかりな事は、現在働いている職場に借金をしていることが知られてしまうのではないかという心配です。このケースでは色々な場面が考えられますが、基本的に債務整理などを行なっても直接職場に連絡が来る様なことはないでしょう。
過払い金返還請求とはどういうこと
巷でよく宣伝をされている過払い金返還請求という言葉は、一般の私達でもすっかり浸透をした言葉なのではないのでしょうか。特に借金返済中の方は気になりますね。この過払い金返還請求とはどのようなものなのでしょうか。
任意整理とは?デメリットはあるの?
借金整理のひとつとして任意整理というものがあります。この任意整理についてどのようなものなのでしょうか?最近は借金返済に困った際、よく行われる方法となっています。
特定調停とは?デメリットはあるの?
借金返済の方法に特定調停と呼ばれる方法も考えられます。この特定調停とはあまり聞きなれない方法なのですが、しっかり説明が出来る方も少ないでしょう。特定調停とは簡易裁判所での手続きとなり、民事調停の手続きとなります。