任意整理とは何かデメリットについてもご紹介します

任意整理とは

任意整理について知りたい

任意整理とは弁護士や司法書士に相談をすることで借り元の金融業者などとの仲介を行い、借入契約の内容について交渉をしてくれ利息の減免や返済額の負担軽減などを図ってくれるのです。

 

双方ともに新たな契約内容に応じればそのための契約の締結の支援を行います。このような方法は個人でも不可能ではないのですが、個人が金融業者に相談をしてもスムーズにはすすみません。

 

また、手続きも難解で素人では不利となることが多いですから、ぜひ弁護士や司法書士を通しての相談が賢明でしょう。

 

メリットとしては、手続きを行うことにより確実に借金返済の現状負担が軽くなります。特に少し昔のグレーゾーン金利と呼ばれる時代に借入を行っていたキャッシングやローンでは利息の引き直しにより、かなりの返済額の軽減が図れるケースが多くなっています。場合によってはグレーゾーンの利息が大きく戻ってきて、借金返済が完了するという嬉しいケースもあります。

 

逆にデメリットとなると、先に説明をしたように借金が全く無くなるというケースは少ないので、多くは今の金額よりも減額がされる程度です。

 

そのため、減額をしても借金返済が厳しい場合は自己破産が妥当という場合もありますし、財産を残したい場合は他の方法を考えるという場合もあります。

任意整理をしても返済ができない場合も

任意整理したもののやはり行き詰まり

任意整理により借金返済額を減額してもらい、月々の支払い負担を軽くしてもらったとしても、その後の生活状況などの事情によりその減額された金額でも借金返済ができないというケースがあります。せっかく金額が減ったのにどうして支払いを続けることができないのでしょうか。

 

任意整理を行う際に、現在の収入状況から月々の借金返済の可能額を相談して決めます。しかし、長期化する不況の影響でそれまで得ていた収入額がいつまでも続く保証はありません。

 

逆に急な給料カットやリストラなども十分考えられる世の中なのです。また、借金返済が完了するまで健康で働けるという保証もありません。病気や事故により収入が激減した場合も十分考えられます。

 

この場合どうすればいいのか、正直一度話し合いの結果で決めた事柄を守ることができなかったので、再度同じように相談に業者が応じるかというと、非常に難しくなります。

 

また、借金返済の計画自体が無理があり返済に行き詰ったというケースもあります。適切な方法がとれなかった、依頼者側が自己破産に応じなかったなどが考えられます。

 

この場合も再度の話し合いは難しいので、どちらのケースをとってもほとんどの方が自己破産という手段をとることが多いのが現状です。

 

良くても、個人再生にて再検討を行なうといったケースもあるようです。自己破産は最終手段ではありますが元手がなければどうしようもありません。現状を受け入れ適切な方法を選択しましょう。

借金苦脱出のトップページへ戻る借金苦脱出の詳細はこちらからトップページをご確認ください。当サイト管理人の借金解決体験をもとにした「借金生活脱出マニュアル」です。

関連ページ

借金返済が無理なら自己破産すべき?
借金返済の本当の最後の方法として頭の片隅に入れておきたいのが自己破産です。自己破産は月々の支払が難しくなり手立てがないと思うと、誰もがすぐに考えてしまうことではありますが、今はその前に様々な手立てがありますから先を急いで手続きをしようと考えてはいけません。
借金が勤め先に知られるか心配
借金返済の中で気がかりな事は、現在働いている職場に借金をしていることが知られてしまうのではないかという心配です。このケースでは色々な場面が考えられますが、基本的に債務整理などを行なっても直接職場に連絡が来る様なことはないでしょう。
過払い金返還請求とはどういうこと
巷でよく宣伝をされている過払い金返還請求という言葉は、一般の私達でもすっかり浸透をした言葉なのではないのでしょうか。特に借金返済中の方は気になりますね。この過払い金返還請求とはどのようなものなのでしょうか。
個人再生とは?デメリットはあるの?
個人再生(民事個人再生)と言われる借金整理の方法があります。借金返済のために自己破産で家などの資産を手放すのは嫌だ、事情により手放すことが難しいなどの悩みがある場合は、個人再生という方法もあります。これはどのような方法であるのかというと、住宅などは手放すことなく現在の借金返済額を大きく減額してもらい借金返済を行うといった方法です。
特定調停とは?デメリットはあるの?
借金返済の方法に特定調停と呼ばれる方法も考えられます。この特定調停とはあまり聞きなれない方法なのですが、しっかり説明が出来る方も少ないでしょう。特定調停とは簡易裁判所での手続きとなり、民事調停の手続きとなります。