借金苦の解決方法とは

借金苦からの脱出方法は

借金苦で悩んでいる人の多くは複数の借金を抱えている、いわゆる多重債務の状態であることが多いのです。

 

借金の借入先がひとつならまだしも、2つ、3つと複数の借入先から借金していて、その理由が返済のための借金だとしたら非常に危険な状況に陥っています。

 

借金の件数が多くなると当然気分が重くなりストレスを常に受けているような生活ですが、精神科のドクターでは根本的な解決にはなりません。

 

借金苦は、借金を減らさないと解決しませんが、収入が少なければ返済できないことも事実です。返済のためにさらに借金をするようであればもう限界であり無理をせず債務整理を検討すべきタイミングです。

 

出口のないトンネル

借金の毎月の返済額が自分の収入ではカバーできなくなってくると、返済日が近づく度に資金繰りをどうしようかと悩みますし、多重債務者になるとそんな嫌な思いを毎月何度も繰り返すことになるのです。

 

こんな借金苦から逃れたいと毎日のように悩みますが解決は簡単ではありません。ノイローゼになって精神科のお世話になったり、最悪の場合自殺を図ってしまったりすることもあります。

 

この借金苦は出口のないトンネルを走っているようなものです。完済というゴールが全く見えないまま毎月返済を繰り返し、場合によっては新しい借金ができてしまいます。こんな毎日を過ごしていると自暴自棄になってしまうのも当然でしょう。

 

何とかしたいと悩んでもお金がなければ借金は減りません。人によっては思い詰めて犯罪に走ってしまうこともあるのです。

 

減らないどころか増えていく

借金苦を抱えている人の借金は、なぜか増え続けています。減らないのです。毎月返済しているのにどうしてでしょうか。

 

これは借入利率が高く、返済しても全額利息の支払に充てられているだけだからです。消費者金融では「最低支払額」を設定していますが、この金額しか支払っていなければ元本は減らず、追加借入をして返済額や元本が増えるだけなのです。では、どうしてこんなことになってしまったのでしょうか。

 

収入の減少

借金苦に陥った人の大きな原因として収入の減少が挙げられます。

 

減少の理由はいろいろです。リストラをされたり、減給されたり、と給料収入の減少が大きな理由でしょう。人によっては脱サラをしたけれど、予定通りいかず収入が減ってしまったということもあります。

 

支出の増加

また、収入は減らなくても支出が増えても借金苦に陥ります。家族を持っていれば、子供の教育費や親の介護費用などが挙げられるでしょう。

 

また、独身の方でも一人暮らしを始めたり、車を購入したりすると支出が増えます。こんなことで返済資金が不足することも考えられます。

 

自分でできる対応

では、こんな借金苦から逃れる方法はないのでしょうか。究極的な対処方法は借金の残額を減らすしかありません。

 

返済しても利息だけであれば意味がありません元本を減らさなければいけないのです。

 

具体的に述べれば繰上返済をすることが必要ですが、今までの返済額に追加して返済をするわけですから簡単なことではありません。

 

副業

返済資金を増やすために即効性がある対処方法として副業が挙げられます。収入が増えれば返済資金も確保できるでしょう。

 

しかし、副業と一言で言っても簡単ではありません。自分の今の仕事にプラスして仕事をするわけですから体力的な問題も生じます。

 

また、会社によっては副業を禁止していることもあるでしょうから、バレると大変なことになるでしょう。そのため、即効性はあるものの副業収入で返済資金を確保することは、簡単にお勧めできません。

 

節約

では、別の方法はないでしょうか。

 

収入が増えなくても自分の支出を減らすことができれば返済資金を確保することができます。

 

節約をしても誰にも文句は言われません。あえて言えば、付き合いが悪くなり、友人や同僚から疎遠になりかねないという点でしょうか。

 

ただ、預金通帳やクレジットカードの明細を見直してみると、無駄な保険や視聴していない有料放送などがあるかもしれません。これを解約するだけで資金ができることもあります。

 

債務整理

では、副業も節約でも効果がない場合はどうすればいいのでしょうか。

 

この場合は債務整理という方法があります。債務整理と聞くと自己破産を思い浮かべる人もいらっしゃるかもしれませんが、必ずしも自己破産だけが債務整理ではありません。もっとマイルドな債務整理の方法もあります。

 

ただ、債務整理は自己判断でできるものではありません。将来のことを考えたらプロの判断も不可欠です。

 

弁護士に相談しよう

債務整理にはいろいろな方法があります。どの方法にするかは素人が判断できません。

 

一番お勧めできる方法はプロに任せることです。プロとは、債務整理を得意とする弁護士のことを言います。ネットなどで検索すればすぐ見つけることができるでしょう。

 

早めの対応がお勧め

債務整理を得意とする弁護士は無料相談をしてくれることがほとんどです。借金苦を抱えたまま悩んでいても何も解決しません。それに、時間が経つごとに債務整理は難しくなります。

 

早めに相談することで効率のいい方法で債務整理ができます。自分の人生を再出発するためにも早めの相談がお勧めです。トンネルの先に光が見えてきますよ。

借金苦脱出のトップページへ戻る借金苦脱出の詳細はこちらからトップページをご確認ください。当サイト管理人の借金解決体験をもとにした「借金生活脱出マニュアル」です。

借金苦の解決方法 脱出して楽になるには記事一覧

借金返済の方法のひとつに元金均等に支払う方法があります。これは借りた元金を均等に分割して、その金額に利息を上乗せして支払をすることです。この場合、元金は確実に減りますが、さらに利息が上乗せされているので、支払開始直後は利息額が大きく返済が大変ですが、総利息は少ないというメリットがあります。この方法を選択する場合、小額を短期で返済することに向いているでしょう。元利均等方式とは利息も含めて合算し定額の...

夢のマイホームを手放すべきだろうが、できればそのまま残し住み続けたいと願うのが本音ですね。現在では借金返済がままならなくなった時、住宅を売却するか、売却をせずに解決が出来る方法があります。その方法について説明をしてみたいと思います。まず、売却をして借金返済を解決する方法としては、自己破産や売却というものがあります。このとき、自己破産を一番に検討する方が多いですが、そうではなく、自分から売却の可能性...

バラバラであれば借金返済の期日や利息がそれぞれ発生するため、非常に効率が悪く利息の負担も大きなものとなります。しかし、おまとめローンを利用すると、期日も利息も一本化されるため合理的であり、返済額も軽減できるケースが多いため生活への負担も減る可能性が高くなります。このおまとめローンで注意をするべき事は、あくまでも個人の借入が対象であり事業性のある資金や不動産を担保としている借入では利用をすることがで...

借金返済のためには、まず自分の今現在の収入と支出をしっかりと把握する事が大前提です。今の自分の収入はどのくらいで、支出はどれだけなのかというお金の流れを把握する事で、無駄な出費や借金返済に充てられる金額の目安が立てられるのです。この収入と支出のバランスがとれていなければ、とても借金返済は実現できません。もしも支出が多い場合はどの部分が無駄で支出を抑えることができるのか、どの部分を我慢することができ...

借金返済について家族が借金を抱えていることもあります。その中で気になることは、自分の親が借金返済中であったにも関わらず何らかの状況により返済が出来なくなってしまった時に、その借金返済を子供である自分達が背負うべきなのかという心配です。この答えとしては、借金自体は親の連帯保証人になっていなければ、親が支払ができなくなったからといって、自分達が負担をするという義務はありません。しかし、保証人になってし...

滞納している税金があり、どうしたものか考えているのではありませんか。払えるものならすぐに払いたいものの、消費者金融等の貸金業者への返済もあり税金の納付はできれば後回しにしたい、と思っているのでは?もしいつまでに払えると約束できるのであれば自治体なり税務署に事情を説明し支払いを延ばしてもらえるのですが、いつになったら払えるのかめどが立たないのであれば話もできませんね。貸金業者への借金も大きな負担です...