借金返済について家族に知られたくない人が多いのです

親の借金返済は肩代わりをするの?

家族の借金も心配

借金返済について家族が借金を抱えていることもあります。その中で気になることは、自分の親が借金返済中であったにも関わらず何らかの状況により返済が出来なくなってしまった時に、その借金返済を子供である自分達が背負うべきなのかという心配です。

 

この答えとしては、借金自体は親の連帯保証人になっていなければ、親が支払ができなくなったからといって、自分達が負担をするという義務はありません。

 

しかし、保証人になってしまっている場合は肩代わりをすることで約束をしているのですから、支払義務が生じます。どこかしら、自分の親の借金は身内の自分達が肩代わりをしなければというイメージがあるのですが、契約上そのような取り決めをしていないのであれば、自分の生活を潰してまでも補う必要はありません。

 

逆に親が自己破産等をした場合、自分達の生活が大丈夫なのであれば、親の生活を支える事ができるという考え方を持ちましょう。

 

しかし、今までの中には借金返済ができなくなった親の代わりに身内や知人に返済を請求するという事は、当たり前に行なわれてきていました。これは全国規模の消費者金融業者でも行なわれていたのです。

 

しかし、賃金法が改正となってからはそのような請求は違法として扱われています。しかし、例外としてのケースでは借主の名義を貸しての借金や親が亡くなり遺産相続で借金も相続をしてしまう可能性もありますので、その場合は弁護士の方と対策を相談しましょう。

家族の借金返済が分かったときの対応

家族の借金が明らかになった

夫や子供、親が借金をしていて借金返済が生活を圧迫してしまう状況になってしまった時やふとしたタイミングで消費者金融業者から借金をしていることが分かったときのショックとは個人の受け止め方によるかも知れませんが、非常にショックだったという方が多いようです。

 

そして、この先の生活をどうしていけば良いのか、目の前が真っ暗となり気が滅入ってしまう方、もしくは逆上して家庭内分裂も辞さない状況の方などもいるかも知れません。

 

しかし、現実ではすでに借金返済を行なっている状況ですから、その現状から逃げるわけにはいきません。大切なのは、この先どうやって借金返済と付き合っていくべきかという冷静な判断が必要なのです。

 

もちろん、借金返済を隠されていたという事実は正直信頼をしていたのに裏切られたという思いだと考える方が多いことでしょう。しかし、怨んでも借金は無くなりません。これを機会に冷静に話し合う事が必要でしょう。

 

借金の理由について明確にし、生活上必要なものであったのか、趣味娯楽のためのものであったのか等理由があるはずです。

 

生活に必要な止むを得ないもので、しっかりと返済を行なっているのであれば引き続き完済ができるよう家族も協力をすることです。

 

しかし、ギャンブル等に費やしあまりにも返済額が大きく生活が困難な場合は、債務整理等を視野によく話し合う事が必要でしょう。肩代わりはせず、借主本人にお金の大切さを身に教えることが重要です。

家族の借金癖を治したいとき

家族の借金解決に向けて

借金返済は自分だけではありません。自分は借金をしていなくとも家族が借金を抱えていることも多々あります。

 

借金と聞くだけで、マイナスイメージが大きく、まして家族が借金をしているということが分かると、パートナーであればこれからどうして生活をしていけばいいか、離婚も視野に大事件となってしまうケースがあります。

 

借金がキッカケで夫婦仲が悪くなり、家庭環境も悪化してしまうことは悲しいことです。しかし、借金返済について自分の家庭だけと考えている方は多いかもしれませんが、実は日本全国で考えると消費者金融業者を利用している人はかなり多く、その確率は5人に1人と言われています。そう考えると借金をするというのは特別なことではないと思えるでしょう。

 

しかし、借金返済をするというのは生活を考えるとできる限り避けたい事柄です。そして、一番困るのは何度も借金返済を行なって目処をつけても懲りずに借金を重ねてしまうということです。

 

借金の理由がやむを得ないもので仕方がないという状況もあります。それは許せることでしょうが、理由なくギャンブルや私的満足のための借金を重ねるのは問題です。

 

お金の大切さや恐ろしさを借金返済にて学ぶことが必要であり、お金のあり方についてよく話し合うことが必要です。

 

しかし、癖となっているような状況の場合、自力で更生をするというのは難しいことが多いので、債務整理などで一度けじめをつけるという方法をとることも必要です。

借金苦脱出のトップページへ戻る借金苦脱出の詳細はこちらからトップページをご確認ください。当サイト管理人の借金解決体験をもとにした「借金生活脱出マニュアル」です。

関連ページ

借金返済の方法はいろいろある
借金返済の方法には色々な方法があります。同じ利息といっても計算方法の違いがいくつかあり、その仕組みをきちんと理解していないと借金返済での不利な面となることもあります。自分の状況にあった方法で利用ができるよう、ここではそのいくつかの方法について簡単に説明をしてみたいと思います。
住宅ローンの借金返済について悩んでいるなら
借金返済で大きな額と言えば住宅ローンがまず挙げられますね。購入当初は景気も良く順調に返済ができていた状況でも、昨今の経済が不安定な状態では返済もままならなくなり、頭を悩ませるケースが増えてきました。
おまとめローンを利用することは可能か
借金返済のひとつとして注目を集めているのか、話題のおまとめローンと呼ばれる方法です。一度は聞いたことがある言葉なのではないのでしょうか。これは複数からの借入をひとつにまとめて返済を行なう方法です。
借金返済の計画と生活の見直し
借金返済のためには、計画をしっかりと立て、いままでの生活を見直すことが必要です。ただやみ雲に返済だけを考えて生活をしても、再び借金をしてしまったりしてスタートに戻ってしまったという事もあるでしょう。借金返済をするからには、できるだけ早く、滞りなく返済を行なっていきたいものです。では借金返済のためにはどのような計画を立てていけば良いのでしょうか。
滞納した税金に時効や差し押さえはあるのか?
滞納している税金があるとしたら気になりますよね。借金のような時効があるのか、あるいは給料を差し押さえられてしまうのか。実際に滞納しているとどうなるのか、また税金滞納の現実的な解決法はあるのかについてご紹介していきます。